【子役】高橋來のプロフィールと経歴、出演作品を紹介!


■高橋來ってどんな子役?

2052734_201505140394971001431569833c

2015年4月から6月にテレ朝で放映されたドラマ『アイムホーム』で可愛い男の子が出演していましたね。

『木村拓哉さん』演じる『家路久』の息子『良雄』役をしていたのは、『高橋來(たかはし・らい)くん』!とても重要な演技だったのにも関わらず、見事成し遂げました!

そんな來くんの生年月日は2009年2月4日で現在7歳。

今度、小学3年生になろうとしています。所属事務所は子役が沢山揃っている『テアトルアカデミー』。

趣味は空手。

名前の由来は『漢字1文字で読みはかな2文字のいい字を探していたところ、「來」という名前が思いついた。

沢山の人に愛され、囲まれる子であって欲しい。

「来」の旧字体として、明るい未来が待っていますようにと思いを込めた。

英語表記は「Rye」と表記している。』とお母様が言っているそうです。

デビューは2013年のドラマ『検事・朝比奈耀子13回目』。

そして、同年7月から9月まで日テレで放映されていたドラマ『Woman』では『浦島ひかりさん』が主演をつとめていた『青柳小春』の長男『青柳陸』役をしていました。

とても可愛い顔と素晴らしい演技にスタッフから素晴らしい子役!と言われていて好評だったようです。


sponsored link

■出演作品は?

『アイムホーム』や『Woman』の他にも來くんは色々なドラマやCMに出演しています。

最近のドラマでは今大人気の『お義父さんと呼ばせて』の第8話(3月8日放映)で『光太郎』という役、東海テレビでのドラマ『嵐の涙〜私たちに明日はある〜』には、『相田大地』という役を演じています。

NHKの朝ドラ『まれ』の第23週目からは『津村徹志』役も演じています。

最近では色々なドラマに多数出演していますね。

ちなみに、2014年にWOWOWで放送されたスペシャルドラマ『パンドラ〜永遠の命』というものにも『田代新児』という役を演じていました。

また、CMでは『ロッテ プティスリー 小さなパティシエ編』に出ています。

そして、TV関係者やスタッフ、共演していた俳優さんや女優さんに話を聞くと、『とても元気が良くて挨拶の出来る子。

幼いのに周囲に気を配る一面を見せてくれる優しさを持っている。』とか、『天才肌の持ち主であり、連ドラのクールでも注目度の高いドラマの子役のオーディションを勝ち取っただけの実力はある。』とか言われていたそうです。

色々な人たちから『ライライ』と呼ばれて仲良くさせてもらっていたという情報も入ってきています。

それだけ、素晴らしい子役だということですね。


sponsored link

■キムタクが大好き!?

ドラマで共演していた頃、キムタクにベッタリだった來くん。

ドラマの記者会見では何と、『キムタクの膝の上に乗って会見をした』んだそうです!

まあ、キムタクが本当のお父さんだったら、誰でも羨ましがりますからね〜。

そして、スマスマにも來くんは出ています。

草なぎ剛が來くんの持っていた怪獣のおもちゃをみて、『何でこんなものを!』と叱ったら、『それがないと、怪獣になってしまうんです!』と涙を浮かべながら喋っていたそうですね。

まだ、幼さが残っている來くんは一体これから、どんな役者さんになるのでしょうか?

ちなみに、次にやりたい役は『おさる!』と言っていたそうですよ。

ちなみに、将来の夢は『オサムライ!』だそうです。

皆さんも來くんの今後の活躍に期待しましょう。

sponsored link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です